TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

蝶(チョウ) 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    壮大な屏風岩にジョウザンシジミ新産地発見

    壮大な屏風岩にジョウザンシジミ新産地発見2020-5-16(土)晴れこの日、かみさん、孫長男君と3人で北見市近郊の山へ山菜採りにでかけた折りのこと。この屏風のようにそびえ立つ高さ数十mの岩ガケが300mほどにわたって見られる壮観な場所があり、私は何十年も昔からきっとジョウザンシジミがいるぞと確信していた。しかしほぼ垂直に近い岩ガケで登ることなど不可能、おまけにガケまでのアプローチは灌木・ササがびっしりと密生し、これまで数度チャレンジしたがそのたびに途中で力尽きてあきらめ撤退している。この日、山菜採りの途中、このガケの前で昼食をとることになった。ガケの手前の灌木帯をみると、いかにも早春の光景で草木の葉が出ていないためかなり見通しが良くなっている。今日はこれまでと違ってかなり見通しがよいためガケに到達できそうなルー...壮大な屏風岩にジョウザンシジミ新産地発見

    エゾエンシスラバース

    北海道昆虫同好会ブログ

    読者になる
  • 2位

    ミヤマカラスアゲハ吸水集団と美しい手のひら写真

    ミヤマカラスアゲハ吸水集団と美しい手のひら写真2017-7-23(日)曇り22度C朝から懸案の庭の草取りをかなりやった。午前11時。行こうか行くまいか迷ったが、近郊の湧別川水系渓流の源流域に夏のチョウと、絶滅危惧種VUオショロコマを見に出かけた。この日は蝶が多かった。丁度羽化したばかりの新鮮なミヤマカラス夏型♂の吸水集団があちこちに見られた。この時期はミヤマカラスアゲハの吸水集団の中に、とりわけ敏感な見張り番みたいな個体が必ずいて、撮影しようと慎重に接近するのだが、そいつが急に派手派手しく舞い立ち、つられて吸水集団の蝶たちが全部逃げてしまうことが多い。接近するとシャッターを切る直前に、一斉にチョウたちが舞い上がることの連続で、どうにもうまく撮影できない。それでは採集してみようと一網打尽にネットをかぶせると10数...ミヤマカラスアゲハ吸水集団と美しい手のひら写真

    エゾエンシスラバース

    北海道昆虫同好会ブログ

    読者になる

「その他ペットブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)