searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

動物の命・権利

THEME help
動物の命・権利
テーマ名
動物の命・権利
テーマの詳細
動物(家畜を含む)の命・権利(アニマルライツ)について考えて行きます。 長年、動物達は単なる人間の支配の客体、所有物と考えられて来ました。しかし、近年、動物達にも人間と同様「権利」があるとの観念が定着しつつあり、それに伴って、肉食を止める人々が増えています。 このような流れを加速させる、力強いブログのトラバをお待ちしております。 動物達の命・権利を守りたいけど、何をして良いのか分からないという皆様、まずブログを書いて、その記事をトラバしてみましょう。 動物愛護の精神に基づいてヴィーガン生活をなさっていらっしゃる方も、お気軽にどうぞ! みんなで、動物の命・権利が尊重される社会の実現に向けて、その礎(いしずえ)を築きましょう。
テーマ投稿数
134件
参加メンバー
3人
管理人
トリ足管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「動物の命・権利」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「動物の命・権利 その他ペットブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

動物の命・権利の記事

1件〜50件

  • 畜産と戦争
    2020/11/25 04:40
    畜産と戦争

    「畜産は動物を食料にする目的で飼養する行為だけれども、戦争は人間同士の殺し合いだ。全然関係ないよ」とお思いになられるかも知れません。しかし、大いに関係があります。何故なら、どちらも、人間の残虐性が発露したものであり、同じ根を持っているからです。ロシアの文豪トルストイは、『この世に屠殺場があるかぎり、戦場はなくならない』と言いました。この名言は、まさに、このことを表現しているのです。屠殺場に慣れ親し...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 家畜達の犠牲を減らす、地道だが効果的な方法
    2020/11/25 04:40
    家畜達の犠牲を減らす、地道だが効果的な方法

    まず大切なことは、ご自身が一切の動物性食品の摂取を止めることです。たった一人が止めるだけでも、ご自身の力で一年に九羽もの鶏の命を救うことが出来ます。言い訳をして陰でこっそり食べないで下さい。そのような人の言うことは、誰の心にも響くものとはならないでしょう。「天知る、地知る、我知る、人知る」なのですから。しかし、同じぐらい大事なことがあります。それは、「いけないことは、いけない」と主張することです。...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 牛の目にも涙
    2020/11/25 04:40
    牛の目にも涙

    鬼ですら時には泣くという話があります。況(いわん)や、心優しい繊細な生き物である牛では、尚更でしょう。屠殺された牛の目から涙が流れた跡があります、さぞや怖かったでしょう。無念だったでしょう。この涙は「いやだ、死にたくない!助けて!」という声なき叫びです。肉食者の皆様には、この叫びが聞こえるでしょうか。ここまで他の存在を苦しめて、それでもお肉を食べたいですか?自分さえ満足できれば、それで良いのでしょう...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 死と背中合わせの命
    2020/11/25 04:40
    死と背中合わせの命

    家畜達の一生は、常に死との背中合わせです。振り向けば、淘汰(殺処分)、「怪我、病気、虐待」による死、そして屠殺……「自然界の動物も似たようなものだ」という反論があるでしょう。しかし、家畜達の死は、人間の欲望によって強いられたものです。自然界の動物には、自由があります。確かに、厳しい生活です。が、それと引き換えの自由があります。自分の主人は自分自身であり、自由に行動して餌を探します。敵に遭遇すれば、逃げ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 殺戮ターブルドート※
    2020/11/25 04:40
    殺戮ターブルドート※

    ※原語は、仏語の table d'hôte:セットメニューの意。対義語はà la carte:一品料理。豚、牛、山羊(ヤギ)の虐殺ショーが一堂に会しました。一度に色々な種類の家畜の無残な最期をご覧頂くことが出来ます。普段から、お肉を召し上がっていらっしゃる皆様は、正視することに何の問題もないでしょう。皆様のお皿に載っているお肉の元の姿がこれなのですから、慣れ親しんでいらっしゃることでしょう。また、笑いながら作業する従業員の...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 東洋水産 ワンタン しょうゆ味・たまごスープ味・とんこつ
    2020/11/07 23:56
    東洋水産 ワンタン しょうゆ味・たまごスープ味・とんこつ

    今日はマルちゃんのワンタン3パターンです。こないだ10~20年ぶりくらいに買ったんですけど、種類が増えててどれがスタンダードなやつなのかわかんなくなってました。しょうゆ味がそうですよね?「もうひとしな」として、あるいは汁物として食卓にあればうれしい一品。少し前に、タイでココナッツの収穫をさせられてる猿が虐待を受けていると、欧米の動物愛護団体が訴えている、というニュースを観ました。猿を使ったココナッツの収穫というのは、ようするに鵜飼いみたいなもんで、猿に木の上になってるココナッツを取りに行かせる、という収穫法です。人間の体格だと枝が折れて転落してしまうおそれがあるし、猿のほうがはるかに木登り上手なため、人の代わりにココナッツの実を取ってもらってるのだそうです。愛護団体は、この猿が劣悪な環境のもとにあると指摘してい...東洋水産ワンタンしょうゆ味・たまごスープ味・とんこつ

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

  • 屠殺問答
    2020/10/26 04:39
    屠殺問答

    “引用:https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/albums/72157688784486781”遅れた国のやり方でしょ?日本のような進んだ国はもっと家畜に配慮しているんじゃないの?遅れている、進んでいるという問題ではありません。屠殺は、どの国でも、このように行われるのです。足を縛って吊り下げるか、床に転がして殺すか、あるいは、喉を掻き切るか、心臓を突くか程度の違いしかありません。いずれも、意識のある状態のまま、苦痛...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 食肉産業が考える「動物愛護」
    2020/10/26 04:39
    食肉産業が考える「動物愛護」

    以下の動画に映し出された風景が、まさに食肉産業が考える「動物愛護」です。これは従来の典型的な畜産農場に比し、より「動物に優しい」と評価され、賞を受賞している農場なのです。開いた口が塞がらないとは、このことです。「お手盛り」の評価にもほどがあります。こんな農場を一体誰が高く評価したのでしょうか。業界の関連団体、つまり仲間でしょうか。それとも、献金をたっぷり貰っている政治家絡みの団体でしょうか。いずれ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 卑怯者
    2020/10/26 04:39
    卑怯者

    今回は、畜産業界における卑怯者とナチスドイツの卑怯者を、ご紹介することにしましょう。まずは、畜産農場の狂った卑怯者です。“引用:https://blogs.yahoo.co.jp/gateawyiohaw/66881316.html”サディスト達が薄ら笑いを浮かべながら、生きた豚を剣で刺し殺しています。何故、このような残酷なことをする必要があるのでしょう。無抵抗な家畜の豚だから、自分に危害が加えられないことが明らかだから、平気で出来るのです。これが卑...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • ヴィーガンと二枚貝
    2020/10/26 04:39
    ヴィーガンと二枚貝

    痛みや苦しみを感じているのか否か、判然としない生き物がいます。帆立貝等の二枚貝もその一つです。二枚貝には中枢神経がありません。また、脳も持っていないので、私達が感じるのと同じような物理的痛みは感知できないということになりそうです。このことから、「貝が苦しむとは考えにくい」とも思えます。また、「帆立貝などの二枚貝は、外的刺激によって殻を閉じて身を護るので、痛覚があっても生存の役には立たず、進化上のメ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 羊肉産業の真の顔
    2020/10/14 06:40
    羊肉産業の真の顔

    子羊を母親から無理矢理引き離し、連れ去ります。母親は、事情を察して必死について行くが追い払われます。これが子供を見る最後となります。何のために連れ去るのでしょうか?それは、仔羊肉を得るために屠殺をするのです。たった生後一ヵ月の幼い羊を逆さまに吊り下げて、生きたまま喉を掻き切るのです。何と言う残酷なことをするのでしょう。仔羊に与える苦痛と恐怖は言うまでもありませんが、子を奪うことによって、母羊にも、...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 家畜であることは罪なのか
    2020/10/11 06:47
    家畜であることは罪なのか

    “こんな無垢な目をした、優しい羊が一体何をしたと言うのでしょう。引用:https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/49012390442/in/album-72157711635801266/”“無慈悲な斬首。ただ家畜であるというだけの理由で……引用:https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/49012390367/in/album-72157711635801266/”“用なしの首は単なる廃棄物引用:https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/49012181271/in/album-721577116...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 畜産は敵
    2020/10/11 06:47
    畜産は敵

    今回掲載しました動画は、動物愛護団体がメキシコのハリスコ州にある養豚場の上空をドローンを飛ばして調査した時の映像資料です。この2つの養豚場だけで89,000頭もの豚が飼育されています。これが、周囲の土壌と水資源を破壊しています。水資源を含む環境対する敵:水は私達の生活に欠かすことのできない天然資源ですが、たった約450グラムの豚肉を生産するために、何と、5700リットルもの水が必要必要となります。「食肉」という...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 「ヒヨコ」発「屠殺」行の地獄列車
    2020/10/11 06:46
    「ヒヨコ」発「屠殺」行の地獄列車

    “ヒヨコのうちから地獄を味わう引用:https://youtu.be/aHJNXPL-zWQの2分49秒の場面”“動けなくなったヒヨコの末路https://youtu.be/aHJNXPL-zWQの2分43秒の場面”“やっと成長しても地獄は続くhttps://youtu.be/aHJNXPL-zWQの2分50秒の場面”“何とか生き残った鶏の最期https://youtu.be/aHJNXPL-zWQの3分59秒の場面”ヒヨコのうちから既に動けないものがいます。家畜の鶏は小さなヒヨコでも地獄を味わわなければなりません。何とか成鶏...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 屠殺人も神に祈るか
    2020/10/11 06:46
    屠殺人も神に祈るか

    屠殺人も、神の慈悲を求めて祈ることがあるのでしょうか。仮に、そうだとしても、その者の願いを、神や神の代理人たる高次の存在は決して聞き届けることはないでしょう。何故なら、自らが他の存在に対して与えることのない憐れみを、神や高次の存在が、その者に施すことは絶対にあり得ないからです。それが「神の正義」と言うものです。屠殺人が祈っても、それは単に物理的に空気を振動させるだけで、それ以上の効果を引き起こすこ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • ゴミかヒヨコかセメントか
    2020/10/11 06:46
    ゴミかヒヨコかセメントか

    動画に出て来る養鶏場の従業員は、後ろから見ているだけだったら、生ごみを処分しているか、セメントを捏ねて横の箱に放り込んでいるように見えます。しかし、これは、経済的に無価値なヒヨコをスコップで刺したり叩いたりして潰しながら、ゴミ箱へ放り込んでいるのです。ヒヨコが殺される時の「ザクザク」という嫌な音が耳から離れなくなるでしょう。ブロイラーは、自然の摂理に反して人間が勝手に造った種ですので、成長の過程で...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 飽食無間地獄
    2020/09/28 07:43
    飽食無間地獄

    “「もう止めて!」引用:https://animalequality.org/all-investigations/?utm_source=Investigations&utm_medium=CTA&utm_campaign=Investigations&utm_content=200721”何も食べるものがない、その状態が死ぬまで続く餓死は、「地獄」と表現しても決して大袈裟ではないでしょう。食欲は人間の最も基本的な生存のための欲であり、体を造り、健康を維持するために食物は絶対に欠かすことのできないものだからです。しかし、次から次...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 羊の声なき叫び
    2020/09/28 07:43
    羊の声なき叫び

    “「痛い!助けて!」https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/48982423553/in/album-72157711558841413/”“すぐ側(そば)で仲間が殺される。次は自分の番だ。https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/48982967526/in/album-72157711558841413/”今回の屠殺対象が、たまたま羊であっただけで、他の家畜でも、この残酷な状況は変わりません。多くの場合、この羊と同じように意識があるまま首を切られて殺されます。また、屠...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 養豚地獄絵図
    2020/09/28 07:43
    養豚地獄絵図

    悪夢のような養豚場この画像は、北イタリア ロンバルディア地方にある養豚場に、動物愛護団体とイタリア放送協会のニュース番組「Tg2」が調査に入った時のものです。荒れ果てた薄暗い、不衛生な環境の中に豚達が拘束され、生き地獄を味わっています。ネズミ、ゴキブリ、蛆虫が蔓延し、ネズミに食われたのであろう豚の死骸も、腐敗しようがミイラになろうが、そのまま放置です。画像からは、悪臭と淀んで腐った空気が漂って来るよう...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 乳牛は奴隷
    2020/09/18 08:00
    乳牛は奴隷

    “「奴隷」の象徴たる鎖の足枷。家畜達は現代の奴隷であることを如実に物語る。引用:https://youtu.be/ih84rzevibM2分56秒付近からキャプチャ”「横たわれって言ってるだろうが!このくそったれが!」と罵って、子牛を地面に何度も叩きつけたり、「さっさと立てよ、くそババア!」などと悪態をつき、牝牛に蹴りを入れています。「cunt」も「bitch」も、とても下品で卑しい言葉です。教養、常識のある人は使わないでしょう。このよう...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 肉が食べられないなら私を殺して
    2020/09/18 08:00
    肉が食べられないなら私を殺して

    このような書き込みを、youtubeのコメント欄で見かけました。動画の主様は、衝撃を受けていらっしゃいました。では、一つここで空想をしてみましょう。ある日、革命によって日本に独裁政権が誕生しました。革命勢力のリーダーは、動物性食品が大嫌いな、非常にラジカルな人です。当然のことながら、あらゆる動物性食品の製造販売、所持、摂取を禁止しました。独裁者に逆らえば、見せしめのために、拷問され、処刑です。それでも、...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 畜産農場はDV天国
    2020/09/18 08:00
    畜産農場はDV天国

    顔面を蹴る、熊手フォークで体を刺す、鼻にスプレーのペンキを吹きかける等の暴力のやりたい放題です。従業員は、この暴力を逃れようとした豚を笑いものにします。従業員にとって、畜産農場はストレス解消のためのDVにもってこいの「天国」です。土浴びのような、豚にとって束の間の本当にささやかな楽しみでさえ、妨害します。それによって、何一つ迷惑を被るわけではないのに……何という底意地の悪さでしょう。これが、イギリス最...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 嗜好品
    2020/09/18 08:00
    嗜好品

    動物性食品は嗜好品です。何故なら、それを摂取しなければ生命を維持できない、健康を維持できないというものではないからです。しょせん、「プラスアルファ」のものに過ぎません。お酒やタバコと同等のものです。お酒やタバコも、なければないでどうにでもなるものです。そんな、ただ楽しむためだけのものです。止めようという意志さえあれば、いつでも止められるのです。動物性食品に依存している人々には、二種類いるでしょう。...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • ウサギの命=モノ
    2020/09/18 08:00
    ウサギの命=モノ

    ウサギが完全に「モノ」として扱われています。命ではなくモノです。ですから、ここでは、不衛生な環境、病気、怪我、共食い、廃棄処分、殺害……なんでもOKです。命ではなく単なるモノ、動く食肉ですから。このウサギ達は、過酷な一生の末、イギリスのレストランへ納入されるそうです。やっと辿り着く終着の地は、お客の胃袋の中です。イギリスを旅行なさるご予定の皆様、「珍しいから話のタネに」などと考えて、ウサギ料理を口にな...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 畜産農場と食卓の間にあるもの
    2020/09/18 08:00
    畜産農場と食卓の間にあるもの

    “引用:https://www.flickr.com/photos/igualdadanimal/4002945027/in/album-72157622441223841/”食卓に上がった料理の中の肉片を見た時、「これは以前、私達と何等変わることのない豊かな感情を持った動物だったのだ」と考えることは殆どありません。それは、畜産農場と食卓の間が、消費者の目には決して触れることのないブラックボックスになっているからです。なので、動物達と肉片が繋がらないのです。今回の画像は、その間隙(...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 植物愛護団体
    2020/09/08 14:42
    植物愛護団体

    このように名乗る人物の書き込みを目にしたことがあります。「おにぎりの米粒から、悲痛な叫び声が聞こえる」などと書いてありました。残念ながら、「イチャモン」のレベルにも達していません。中学生や高校生のような子供が書いているのでしょう(同レベルの幼稚な大人かも知れませんが……)。この人は、ご飯やパン、サラダなどを一切食したことがなく、動物性食品のみを摂取して生きて来たのでしょうか。そんなことはないでしょう。...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 人造アヒルの無残な末路
    2020/09/08 14:42
    人造アヒルの無残な末路

    “すべてを諦めたようなアヒルの眼。もがく元気すらない。引用:https://youtu.be/OaTXkVCcyK4の46秒付近の映像をキャプチャ”急速な体重増加のため、一度転ぶと起きることが出来ず、もがく多くのアヒルの姿が映し出されています。1gでも多くの食肉を得ようと、人間が悪魔的改造を施し続けた結果です。こんな状態でも、生きようと、必死にもがきますが、無駄なことです。遠からずローストダックとなる運命が待ち受けているのであり、...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • マンガ・四コマ・『大自然の掟くん』
    2020/09/01 23:33
    マンガ・四コマ・『大自然の掟くん』

    マンガ・四コマ・『大自然の掟くん』

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

  • 共食いをする鳥
    2020/08/31 13:39
    共食いをする鳥

    私達人間が共食いをするのは、どのような時でしょうか。以下のような場面が有り得るでしょう。・大飢饉によって食料が底を尽き、食べる物が何もなくなってしまった。・戦場で長期間補給が途絶し、手持ちの食料をすべて食べ尽くして久しい。・飛行機事故で、文明から隔絶されたような場所に墜落し、生存はしたものの、そこには食べる物が何もなかった。この三つのケースには、共通点があります。いずれも、極限状態だということです...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 豚の暗く虚ろな目
    2020/08/31 13:38
    豚の暗く虚ろな目

    屠殺動画を見て、お肉を食べるのを止めたという方が多いです。屠殺の風景は余りにも惨(むご)いからです。しかし、この屠殺に至るまで、動物達は既に、辛く苦しい、痛みに満ちた道を歩いて来ているのです。何も屠殺だけが悲惨なのではありません。それに至るまでの道程すべてが、そうなのです。この動画が何よりも、それを物語るでしょう。臓器や組織が正常な位置から脱出した状態(ヘルニア)で手当てもされないまま放置された豚や、...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 羊、ヤギの命の耐えられない軽さ
    2020/08/31 13:38
    羊、ヤギの命の耐えられない軽さ

    保守点検中のエスカレーターの穴に、人間が落ち込んだとしたら、大騒ぎをして必死に救助するでしょう? しかし、これが羊やヤギだと、似たような状況でも、即その場で始末です。助け出すのは面倒だし、どうせ、遅かれ早かれ殺すのですから。しかも、この動物福祉法に違反する行為が食品基準庁検査官の面前で堂々と行われ、この検査官はOKを出しているようです。それほど軽い命です。残酷なのは、これだけではありません。スタニン...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 本当に家畜の命を救えるか?
    2020/08/31 13:38
    本当に家畜の命を救えるか?

    ヴィーガンになれば、確実に家畜達の命を救うことができます。畜産業者は、飼養、屠殺等の一連の行為を商売でやっているのです。当たり前のことですが、明らかに売れない(誰も動物性食品を食べない)と分かっていたら、時間とコストと労力をかけて、一体誰がやるでしょう?ヴィーガンになれば、この「売れないという状況」、「売れないという流れ」を作り出すことができる=家畜達の命を救うことが出来るのです。では、具体的な数値...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 酪農業者は惜しみなく奪う
    2020/08/31 13:38
    酪農業者は惜しみなく奪う

    酪農業者は:・苦しい思いをして産んだ子牛を、サッサと奪い、連れ去ります。母牛のお乳を飲まれると困るからです。・麻酔なしで角(つの)を切り取り、牛から奪います。角には、もちろん神経も血管も通っています。ですから、切られると痛いし、血も出るのです。・尻尾を切除し、牛から奪います。。もちろん、尻尾にも神経が通っていますので、当然ですが苦痛を感じますし、感染症や腫瘍形成の恐れもあります。・機械的搾乳を強制し...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • ハラール屠殺
    2020/08/31 13:38
    ハラール屠殺

    これは、意識のあるまま屠殺する方法です。イスラム法には「死んだ動物の肉は食べてはならない」という規定があり、動物を気絶させてから殺すと、ハラール(イスラム法によって許された事項)に反してしまうのだそうです。具体的には、自然死、絞殺死、窒息死、殴打死、墜落死、角(つの)による刺殺を経たもの、または、他の動物によって部分的に食べられたものは、すべてダメだいうことです。では、どのように動物達を殺すのでしょう...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • ラム料理の素
    2020/08/16 07:59
    ラム料理の素

    屠殺シーンが含まれた動画です。切れ味の悪そうなナイフで羊の喉を掻き切ります。仲間が惨たらしく殺されていくのを、手足を縛られた羊が側で見ています。この羊の恐怖は如何ばかりであったでしょう。逃げようともがく姿が映し出されています。ラム肉を食する皆様、よく見て下さい。皆様が愛するラム料理の材料はこうやって作るのです。この動画に出てくる屠殺人は、皆様の手足です。需要があるから供給するのです。皆様が、このよ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 巨人とウサギと私達
    2020/08/16 07:59
    巨人とウサギと私達

    “引用:https://animalequality.org/investigations/”この画像のウサギは、生きたまま体を切断されながら、一体何を思ったのでしょうか……ウサギ肉を食する方はもちろんのこと、そうでない方でも無関係ではありません。何故なら、あらゆる種類の家畜達が同じ境遇に置かれており、同じ仕打ちを受けているからです。畜産従事者にとっては、家畜は「命を持った生き物」ではなく、単なる「モノ」(「動く食肉」)に過ぎません。「知性があ...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • モッツァレラチーズの闇
    2020/08/16 07:59
    モッツァレラチーズの闇

    この動画は少し長いですが、最初の3分37秒付近までご覧頂ければ十分です(7分56秒付近からは、この農場がもたらす環境破壊について言及しています。ご興味がおありの方は是非ご覧下さい)。イタリア産のモッツァレラチーズがお好きな方は多いでしょう。ピッツア等によく使用されています。お洒落なパッケージだけ見ていると、このチーズの裏に隠された牛達の苦しみは分かりません。しかし、このチーズは牛達の痛みや悲しみ、絶望が結...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 豚の静かな最期
    2020/08/16 07:59
    豚の静かな最期

    逆さ吊りにされ、掻き切られた喉から大量の血を滝のように流し、豚が静かに口を動かしながら瞬き(まばたき)をしています。この最期に、豚は何を思ったのでしょう。薄れゆく意識の中で自分の一生を走馬灯(そうまとう)のように振り返って見たのでしょうか。この豚は、惨(むご)い最期を迎えなければならない理由は何もなかったのです。ただ一つ、身勝手な人間の食肉への欲望を満たすということを除いて……一片の豚肉には、このような豚...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 何のために生まれた?
    2020/08/16 07:58
    何のために生まれた?

    たった五週間で急激に成長する、不自然な人造鶏「ブロイラー」が映し出されています。関節の成長が体重の増加に追い付かず、立つことすらできなくなってしまう鶏が少なくありません。同じように急激な成長に耐えきれず、心臓を病む場合も多いです。このような鶏達は、従業員によって首を折られて殺されるか、餌場、水場まで歩けずに餓死、脱水でゆっくりと死んで行きます。その後、腐敗しても放置されたままです。辛くも生き残った...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 認証取得済の優良養豚場の裏の顔
    2020/08/16 07:58
    認証取得済の優良養豚場の裏の顔

    これが、何と認証取得積みの養豚場で、しかも、優良基準を維持しているということで称賛されているらしいのです。一体どんな認証なのでしょう。呆れ果てるばかりです。認証取得のための検査の時だけ、清潔にして豚を丁寧に扱い、外面(そとづら)よく業務を行ったのでしょうか。それとも、検査官に賄賂でも摑ませたのかも知れません。畜産農場の人間なんて、こんなのばかりです。嘘八百のデタラメ業界です。「認証取得済」「優良」「...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 牛の屠殺と慈悲の心
    2020/08/16 07:58
    牛の屠殺と慈悲の心

    自らの運命を予期したのでしょうか。牛が大粒の涙を流しています。これをご覧になれば、お分かりでしょう。牛肉は、元から牛肉であったわけではありません。それは、愛情豊かな優しい牛達の大切な体だったのです。この愛らしい牛達を、人間の口の欲望のためにのみ殺します。ボルトガン(家畜銃)を額に当てますが、簡単には気絶しません。そんなことはお構いなしに喉を掻き切ります。屠殺人達は、牛の苦痛を取り去るために、慈悲の心...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 自然災害とヴィーガニズム
    2020/07/09 07:19
    自然災害とヴィーガニズム

    世界の農地の83%は、畜産と酪農、つまり、食肉と乳製品、鶏卵の生産のために使われています。そして、そこから排出される温室効果ガス(二酸化炭素)は排出量全体の60%をも占めています(学術雑誌「Science」に掲載された論文中のデータ)。研究では、水の使用量、温室効果ガス排出量を調査し、農業生産が大気や水の汚染にどの程度関与しているかを調べました。その結果、最も環境に負荷を与えているのが畜産と酪農であることが判明...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 命の芽
    2020/07/08 06:48
    命の芽

    無精卵は、人間の女性の経血と同じものです。では、有精卵は?↓これです。これはフィリピンの「バロット」というアヒルの卵料理です。孵化前のヒナを殻のまま茹でて作ります。ニチャニチャとした歯応えで、味は、鳥肉に近い卵の黄身の味だそうです。“引用:https://philippinescebu.hatenablog.com/entry/2020/04/26/131649”アヒルの卵に限らず、有精卵は温めると将来こうなります。有精卵は、鳥の命の芽なのです。時間的に早いか...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • クニャクニャの正体は?
    2020/07/02 06:24
    クニャクニャの正体は?

    グミ、ゼリーやマシュマロのようなクニャクニャした食べ物の原料は? ゼラチンです。では、ゼラチンの元の姿というのは一体どんなものなのでしょう。↓これです。牛や豚を殺して作っているのです。グミやゼリーは、宝石のように綺麗な見た目とは裏腹の「血生臭い」食材を使った食品と言えるでしょう。ゼラチンは何から作られる?(This is where gelatin comes from)←動物愛護団体「Mercy For Animals」のフェイスブックに飛びます。...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 血まみれのファッション ― 牛皮革―
    2020/06/30 06:45
    血まみれのファッション ― 牛皮革―

    牛達が、何度もハンマーで頭を殴られています。その後、首をナイフで切り裂きます。意識のある状態で。ただ、ファッション用牛革を得るためだけに(もちろん、皮を剥いだ後は食肉となります)。皆様の革靴、革ブーツ、革ベルト、革手袋、革鞄(かばん)、革財布等は、このようにして作られています。牛皮革は、もともとは牛の皮膚でした。それをファッションのために無理矢理剥がして加工したのです。もし皆様がお持ちの皮革製品が、人...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 残念な犬愛好家へ ― 終わりに ―
    2020/06/30 06:44
    残念な犬愛好家へ ― 終わりに ―

    もし貴女が、一連の拙記事をお読み下さったのであれば、「私のことだな」とピンと来られたことでしょう。確かに貴女のブログは、ご自身が管理なさっていらっしゃる個人的な媒体です。しかし、だからと言って何を書いても良いというわけではないと思うのです。たとえ、プロの文筆家でなくとも表現には一定の社会的責任が伴うからです。貴女は、動物愛護に携わっていらっしゃいます。その立ち位置は、是非お守り頂きたいのです。貴女...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 残念な犬愛好家へ ― その5 ―
    2020/06/30 06:44
    残念な犬愛好家へ ― その5 ―

    ご主張:平飼い卵を選んで欲しい平飼い鶏は、バタリーケージの鶏達より多少待遇が良いからこのようなことを仰るのでしょうか。昔、ナチスドイツの強制収容所に「カポ(Kapo)」と呼ばれる人々がいました。 囚人の死体の処理等の汚れ仕事を引き受け、収容所の維持管理の末端の仕事を行う代わりに、ある程度の良い待遇が与えられていました。しかし、当たり前の話ですが、ナチスにとっては、カポは所詮絶滅対象たる劣等人種に過ぎない...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 残念な犬愛好家へ ― その4 ―
    2020/06/30 06:44
    残念な犬愛好家へ ― その4 ―

    ご主張:動物性食品は無駄にすることなく食べて欲しい 無駄にしようがしまいが関係ありません。無駄にせず使い切ったところで「搾取され、身も心もズタズタにされて殺された」という事実は変えることが出来ません。家畜達はもう二度と戻っては来ません。「犠牲になった命を無駄にしてはいけない」と仰りたいのでしょう。いかにも肉食者が言いそうなセリフです。しかし、そもそも、嗜好品(畜産製品は全て嗜好品です。摂取しなくて...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 残念な犬愛好家へ ― その3 ―
    2020/06/30 06:44
    残念な犬愛好家へ ― その3 ―

    ご主張:殺された家畜達に対して感謝の念を持って欲しい例えば、貴女をレイプしたケダモノが、貴女の面前で「気持ち良かった。ありがとう」と感謝したら、貴女は、そのケダモノを許せますか。許せないでしょう。家畜も全く同じです。自分達を拘束して、本来の自然な生活を奪い、虐待し惨殺した人間、およびそれを支持または黙認した人間(これが、まさに動物性食品摂取者です)が口先だけの感謝をしたところで、動物達は決して許さな...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

  • 残念な犬愛好家へ ― その2―
    2020/06/30 06:44
    残念な犬愛好家へ ― その2―

    ご主張:その時がくれば、安楽死の方法を以て屠殺して欲しい「その時がくれば」の「その時」とは何でしょう。明らかに寿命で死ぬ時ではありませんね。家畜の一生は、自然な状態の寿命に比べ遥かに短いです。その時間は、人間が自分達の経済的利益の最大化の観点から好き放題に決めているものです。貴女は、それを是認なさるのでしょうか。貴女は、「人間には動物達が死ぬ時期を決める権限がある」とでもお考えなのでしょうか。残酷...

    トリ足

    ヴィーガンと動物愛護、そして時々、霊的真理

カテゴリー一覧
商用